アメリカでは外壁材の50%以上を占め、その優れた特性から広く利用されている樹脂系サイディングです。しかし、日本ではまだ普及率が低いのが現状です。

樹脂系サイディングの特長

非常に軽量で耐震性に優れている: 樹脂系サイディングは非常に軽量でありながらも、優れた耐震性を誇ります。建物にかかる負担を軽減しつつ、地震時の安全性を高めます。

耐久性が高く、メンテナンスの頻度が低い: その耐久性は高く、通常の外壁材よりもメンテナンスの頻度が低いのが魅力です。長期的なコスト面で優れています。

雨や塩害に強く、色褪せしにくい: 樹脂系サイディングは雨や塩害にも強く、色褪せが少ないため、美しい外観を長期間維持できます。

施工費用が高額、職人が少ない:高い性能と耐久性により施工費用が高額です。また、樹脂系サイディングの施工には特殊な技術が求められるため、適切な職人が限られています。

まとめ

樹脂系サイディングはアメリカでは一般的な外壁材であり、その軽量性や耐震性、耐久性が魅力です。しかし高額な施工費用と技術的な特殊性があるため日本での普及率はまだ低いです。そのため、樹脂系サイディングを選択肢として考える際には、メリットとデメリットをバランス良く検討することが大切です。