建物外壁の素材と特徴

近年、建物の外壁は多様なデザインが増え、レンガ調やタイル調、天然石調、漆喰調、木材調、モダンなものまでさまざまな意匠が存在します。外壁材の見分け方にはいくつかのポイントがあります。以下、主な外壁材とその特徴について述べます。

1. 目地の有無

目地がある → 窯業系サイディングやALC

目地がない → モルタル外壁材や樹脂系サイディング

2. サイディングのサイズや目地の方向

サイディングのサイズや目地の方向も見分けるポイントの一つです。

3. 素材による見分け

ALC(Autoclaved Lightweight Concrete): ボードの厚さが特徴的で、他の外壁材よりもかなり厚い。窓が外壁の面よりも内側にあることが一般的で、コーキングの幅が広い。

窯業系サイディング: 目地があり、サイディングと比べて薄い。窓の位置は一般的。

モルタル外壁材: 目地がなく、外壁が一体化している。セメントが主成分。

樹脂系サイディング: 目地がなく、サイディングの表面が滑らか。プラスチックを主成分としている。

金属系サイディング: 目地があるが目立たない。外壁を叩いた感触や音が異なる。鋼板を主成分としている。

タイル: 目地とタイルが一体化しておらず、異なる素材が使用されている。

これらのポイントを観察することで、建物の外壁材を見分けることができます。外壁材の種類によって特有の特徴があり、それを理解することは外壁のメンテナンスや修理を考える上で役立ちます。