軒天には「美観性の向上」「雨水による外壁の劣化防止」「延焼防止」「屋根裏の換気」のような重要な役割を担っています。軒天が劣化すると、外観や機能性に影響が出る可能性があります。ここでは、軒天の劣化の主な原因と、それに対する適切なメンテナンス方法を紹介します。

軒天の劣化の主な原因

日光や気候の影響: 太陽光や雨風などの気象条件が軒天に影響を与え、劣化を促進します。

カビや藻の発生: 湿気や日陰の環境では、カビや藻が繁殖し、軒天の表面に付着することがあります。

塗膜の劣化: 塗装が古くなると、軒天の表面が劣化し、保護機能が低下します。

鳥の糞や汚れ: 鳥の糞や大気中の汚染物質が付着し、軒天を汚すことがあります。

軒天のメンテナンス方法

定期的なメンテナンス(塗装): 軒天の表面には、定期的な塗装が必要です。塗膜が劣化した場合は、早めに新しい塗料を施すことで保護機能を維持できます。

防水処理の実施: 軒天は雨水などの影響を受けやすいため、防水処理を行うことで劣化を防ぎます。

不燃材の使用: 安全面を考慮し、不燃材料を使用した軒天を選ぶことで、火災のリスクを低減できます。

専門家の点検: 定期的な点検とメンテナンスを専門家に依頼することで、劣化の早期発見や専門的な対処が可能です。

通気性の確保: 軒天の通気性を保つことで湿気の発散を促進し、カビや腐食を防ぎます。

また適期な清掃は劣化を遅らせます。柔らかいブラシや中性洗剤を用いて、カビや汚れを取り除くことが重要です。

これらのメンテナンス手法を実施することで、軒天の寿命を延ばし、外観と機能性を維持することができます。しかし、具体的なメンテナンスは素材や状態によって異なるため、専門家のアドバイスや定期的な点検が重要です。