ご近所の方へ塗装工事の挨拶が終わると、いよいよ工事着工となります。

最初に行う大事な作業が作業現場の下準備で足場の組み立てです

今回はその足場設置についてお話しします。

外壁塗装工事は高所作業となるため、足場を組むことで2階部分や屋根での作業を安全に進めることが可能になります。

高圧洗浄の水や塗料が周辺に飛散しないように、メッシュシートや飛散防止シートも併せて設置していきます。

足場の目的

1 作業員の安全を確保するため

足場を設置する最大の目的は、現場作業員の安全の確保です。塗装工事では、刷毛やローラーなどの工具を持ちながら作業することがあります。足場が不安定ではこのような工具の落下や、作業中に転倒したりする恐れもあります。足場を設置することで作業員の安全を確保し、安心して作業に集中することができます。

-2 作業効率を上げるため

手の届く箇所には足場の代わりに脚立が使われることがあります。しかし脚立は足場よりも不安定ですし、施工が終わるたびに脚立を移動させなければなりません。

一方、足場があれば施工場所の移動がスムーズになり、作業効率を上げることができます。

-3 近隣住民への配慮

足場の仮設工事では、飛散防止ネットを設置します。飛散防止ネットとは工事中に発生するホコリや塗料などの飛散を防止するネットのことで、近隣住民の敷地内に塗料やホコリが飛び散るのを防げます。また物の落下などで近隣の方や通行人へ迷惑がかからないようにするための配慮のためです。

※足場があることで外壁塗装工事の作業の「安全性・効率化」を図ることができる。足場仮設の際は鉄を叩く「カンカンカン」というような騒音が出ますので騒音クレームが想定されます。事前に近隣への挨拶は行いましょう。