今回は下地処理についてお話しします。

塗装工事をする際に最も大事な工程があります。それは仕上がり後にはわからなくなる下地処理です。どんなに高く優れた塗料を使用しても下地処理がしっかりできていないと数年後に不具合を引き起こす恐れがあります。実際にリフォーム後のトラブルの多くは下地処理不足と言われています。

このことから良い塗装工事とは?下地処理をきちんと行った工事ということになります。この工程をきちんとせずに塗装をしてしまうと、劣化したままの状態の上から塗装することになってしまうために長期的な住まいの保護という意味では中途半端になってしまい、塗装後に様々な問題が出てきます。

塗装工事の質の良さは下地処理きちんと行っているかに大きく左右されます。

下地処理で行う作業は、ひび割れの補修、旧塗膜の撤去、サビ処理剤による下地調整などです。

今回は下地処理の重要性についてお話ししましたが、次回下地処理の工程を詳しくお話ししていきます。