前回はサイディングの構造についてお話ししました。

今回からはサイディングの種類についてお話ししていきます。

〈窯業系サイディング〉

セメントと木質繊維を組み合わせて作られた窯業系サイディングは、外壁の素材として非常に人気があります。豊富なデザインバリエーションがあり、シンプルなものから、レンガ風、タイル調、石積み調など様々なスタイルが利用できます。

耐久性: 窯業系サイディングは耐候性に優れており、外部の環境条件に強く、変色や劣化が少ないため、長期間の使用に耐えます。

耐火性: 窯業系サイディングは一般的に非常に高い耐火性を持っています。これは、火災の危険を減少させ、建物の安全性を向上させます。

断熱性: 一部の窯業系サイディングは断熱性能に優れているため、建物内部の温度を安定させ、エネルギー効率を向上させることができます。

デザインが豊富: 窯業系サイディングは様々なデザインや色で利用可能で、建物に独自の外観を与えることができます。

防水性: 適切に施工された窯業系サイディングは防水性があり、雨水や湿気から建物を保護します。

メンテナンスの容易性: 一般的には、窯業系サイディングは比較的メンテナンスが簡単で、洗浄や定期的な点検で外観を保つことができます。

環境への配慮: 窯業系サイディングの素材は天然の鉱石や粘土から作られることがあり、再生可能な素材を使用している場合があり、環境への配慮がされています。

窯業系サイディングはこれらの特徴から、住宅や商業建築物など様々な建物に利用されています。