〈金属系サイディング〉

金属系サイディングは、鋼板の中でもガルバリウム、アルミニウム、ステンレスなどが使用された外壁材で、他の材料に比べて非常に軽量でありながらも強度が高いのが特長です。金属自体が水を吸わないため、浸水の心配が少なく、耐候性も優れています。特に気温の変化が激しい寒冷地域などでの使用においてもおすすめです。

〈特徴〉

耐久性: 金属系サイディングは一般的に非常に耐久性があります。耐風性や耐候性が強く、長期間の使用に耐えることができます。

防火性: 金属は耐火性が非常に優れているため、火災のリスクを低減することができます。

メンテナンスが簡単: 一般的に、金属系サイディングはメンテナンスが比較的容易です。塗装や補修が必要ないことがあります。

軽量: 金属サイディングは一般的に軽量で、施工が比較的簡単です。

〈デメリット〉

コスト: 金属系サイディングは他の外壁材よりも高価な場合があります。初期費用が他の材料に比べて高いことが懸念されることがあります。

保温性: 金属は断熱性が低いため、冬季などの寒冷地域では断熱の必要性が高まります。追加の断熱材が必要な場合があります。

騒音: 雨や風などの外部の音が金属によって反響しやすいため、騒音が気になることがあります。

変色: 一部の金属系サイディングは長期間の曝露によって変色する可能性があります。これに対処するためには、定期的なメンテナンスが必要です。