神奈川店

ケレン作業で仕上がりに差が出る

建物や構造物の塗装工事において、塗装の仕上がりにはケレン作業が大きく影響します。ケレンとは、清掃や整理を行うことを指し、塗装前の下地処理として欠かせないプロセスです。正しく行われたケレン作業によって、塗装の仕上がりには以下のような差が生じます。

1. 下地の整備

ケレン作業によって、塗装を行う前の下地が適切に整備されます。古い塗膜や汚れ、サビなどが除去され、平滑な素地が確保されます。これによって、塗料が均一に塗布され、仕上がりの美しさが向上します。また、下地の整備が不十分な場合、塗料が剥がれたり、浮きが生じたりする可能性が高くなります。

2. 塗料の密着性

ケレン作業によって下地が清潔になり、塗料との密着性が高まります。汚れや古い塗膜が残っていると、新しい塗料がうまく密着せず、剥がれや剥がれの原因となります。適切なケレン作業によって、塗料がしっかりと下地に密着し、耐久性が向上します。

3. 仕上がりの美しさ

ケレン作業によって下地が均一に整えられるため、塗装の仕上がりも美しくなります。凹凸やムラが少なくなり、均一で綺麗な塗装が施されます。これによって、建物や構造物の外観が一層引き立ち、美しい印象を与えることができます。

ケレン作業は、塗装工事において欠かせない重要な工程です。正確な下地処理を行うことで、塗装の仕上がりに大きな差を生み出し、建物や構造物の美観や耐久性を向上させることができます。したがって、塗装工事を行う際には、ケレン作業に充分な時間と注意を払うことが必要です。