神奈川店

外壁色を選ぶ:付帯部分との調和も重要

外壁色を選ぶ際には、付帯部分との調和も重要です。

付帯部分とは、屋根、窓枠、玄関ドア、フェンス、外灯など建物の細部の部分のことです。外壁色と付帯部分の色が調和することで、建物全体のバランスがより良くなり、美しい外観を実現することができます。

屋根

外壁色と屋根の色は重要な組み合わせです。屋根の色は建物全体の印象を大きく左右し、外壁色との調和が必要です。一般的には、屋根色が暗めの色の場合は外壁色も暗めの色を選ぶとバランスが取れます。明るい屋根色の場合は、明るい外壁色との組み合わせが適切です。

窓枠や玄関ドア

窓枠や玄関ドアの色も外壁色との調和が重要です。一般的には、窓枠や玄関ドアの色は外壁色よりも暗めの色を選ぶことが多いです。これにより、建物の輪郭が引き締まり、外壁色が引き立ちます。また、同じ色相を使うことで統一感を持たせることもポイントです。

他にもフェンスや外灯などの部分も外壁色と調和させることがあります。これらの部分が目立ちすぎないように外壁色と同系色や同じ色相の色を選ぶことで調和を図ります。

外壁色と付帯部分の色の組み合わせは、バランスが大事です。一部の付帯部分だけが目立つような色を選ぶと、全体の印象が乱れてしまいます。外壁色と付帯部分の色が調和し、建物全体の統一感が保たれるように色の組み合わせを検討しましょう。