ペイントホームズ
神奈川店

窓枠や雨樋・破風これら付帯部塗装のポイント!外壁塗装と一緒の塗装がおすすめ

外壁の付帯部は建物の美観と構造を保つために重要な部分です。適切な塗装により、これらの部位を効果的に保護し、耐久性を向上させることができます。

1. 窓枠とドア

素材に応じた塗装: 木製の窓枠やドアは防腐処理と耐候性のある塗料が必要。金属製の場合は、防錆塗料を選定することが重要。

防水性の確保: 窓枠やドアの塗装には防水性が求められます。雨水や湿気からの保護が、部位の劣化を防ぎます。

2. 雨樋

錆対策: 雨樋は錆びやすい部位であるため、定期的な塗装メンテナンスが必要になります。錆止め塗料の利用が効果的です。

効果的な排水: 雨樋は雨水の排水をしています。詰まりや損傷がないかを確認し、必要に応じて修復が必要です。

3. ベランダ

通気性と耐水性: ベランダの床面や手すりは通気性と耐水性が求められます。通気孔を塞がないような塗料の選択が必要です。

滑りにくさの確保: 床面の滑りにくさを考慮し、滑り止め効果のある塗料を使用することが重要です。

4. 破風

防水性と防腐処理: 破風は屋根の端を覆う部分で、防水性と防腐処理が重要です。耐候性のある塗料を選択します。

木部の補修: 木製の破風は定期的な塗り替えと共に、損傷した部分の補修が必要になります。

5. 保守と点検

定期的な点検: 付帯部の状態は定期的に点検し、劣化や損傷がないかを確認が必要です。

早期補修: 発見した問題は早めに補修し、放置せずに対処することが長寿命を実現する鍵となります。

付帯部の塗装は建物全体のメンテナンスにおいて不可欠であり、素材や機能に適した塗料と適切な手入れが必要です。外壁塗装の際には、付帯部の劣化も同時に確認し、一緒に施工することをおすすめします。信頼できる専門業者に依頼して、建物の美観と耐久性を守りましょう。