ペイントホームズ
神奈川店

外壁塗装の色褪せしにくい色選びのポイント 

建物の顔となる外壁塗装の色選び、重要な作業です。しかし、せっかく選んだ色が色褪せの問題が発生することも少なくありません。この記事では、外壁塗装の色褪せに注意しながら、色選びで知っておくべきポイントについてみていきます。

まず考慮すべきは、日光や気象条件による色褪せの影響です。特に強い紫外線を浴びる南面や西面の壁は、他の方向に比べて色褪せが早く進む傾向があります。これを踏まえて、色褪せが気になる面に対しては色持ちが良い耐候性のある塗料を選ぶと良いでしょう。

次に、色の濃淡や明度も考慮しなければなりません。一般的に濃い色や高い明度の色は色褪せが進みやすいと言えます。一方で、中間色や適度な明度の色を選ぶことで、色褪せが目立ちにくくなります。建物の周囲の環境やデザインに合わせて、バランスを考えながら色を選ばれることをおすすめします。

また、色の選定においては周囲の環境や隣接する建物の影響も考えるべきです。建物が自然環境に調和するような色を選ぶことで、色褪せが目立たず、美しい外観を維持できます。隣接する建物との色の調和も大切で、一体感のあるコーディネートが外観を引き立てます。

さらに、外壁材料によっても色褪せの度合いが異なります。例えば、木材やプラスチックサイディングは色褪せが早い傾向があります。これに対して、耐久性が高く、色褪せにくい素材であるセラミックタイルや耐候性のある金属製品は、色褪せを抑えることができます。材料と色の相性を考慮して、最適な組み合わせを見つけることが大切です。

最後に、信頼性のある塗料メーカーから優れた耐候性を誇る塗料を選ぶことも重要です。塗料メーカーによって製品の質は異なり、高品質な塗料は色褪せにくく、美観を長期間にわたり維持することができます。メーカーの評判や口コミを確認し、信頼性のある塗料を選ぶよう心がけましょう。

外壁塗装の色褪せに注意しながら、建物の外観を美しく保つためには慎重な色選びが欠かせません。日光、気象条件、色の濃淡や明度、周囲の環境、材料の選定など、検討すべきポイントは多岐にわたります。建物にとって最適な色を見つけ、耐久性を考慮した上で外壁塗装を進めることで、美しさと長寿命を兼ね備えた外観を実現できるでしょう