ペイントホームズ
神奈川店

外壁塗装選ぶべき塗料は艶有?艶なし? 

外壁塗装を行う際に、艶有塗料と艶なし塗料のどちらを選ぶべきか、悩むことがあります。それぞれ特徴や利点がありますが、建物の用途や環境、好みによって最適な選択が異なります。今回はそれぞれの塗料の特性と選ぶ条件についてお話します。

艶有塗料の特性と利点

艶のある塗料は光沢があり建物に華やかさを与えてくれます。光が反射して輝き、建物全体の外観を引き立てます。また、汚れやカビなどが目立ちにくい特性を持ち、外壁の清潔さを維持しやすくなります。耐久性も高く、塗装の寿命が延びるとされています。色の美しさをより引き立てる効果もあります。

艶なし塗料の特性と利点

艶なし塗料は、マットな質感で落ち着きがあり自然な雰囲気を演出します。光沢がないため、色がより深く、柔らかい印象を与えます。また、塗料の表面が粗く、一般的に、艶なし塗料は塗装の劣化が進みやすいとされていますが、近年の技術進歩により耐久性が向上しています。

艶有塗料を選ぶ条件

高級感や華やかさを求める場合

耐久性や汚れに強い塗料を求める場合

明るい色合いを引き立てたい場合

艶なし塗料を選ぶ条件

自然な雰囲気を演出したい場合

色の深みや柔らかさを重視する場合

最適な塗料を選択する際には、建物の用途や環境、好みを考慮し、専門家の意見や実際のサンプルを参考にすることが重要です。艶有塗料と艶なし塗料の両方には、それぞれの特性や利点がありますが、建物に合った適切な塗料を選ぶことで、外壁塗装の効果を最大限に引き出すことができます。